時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「首相官邸にドローンを飛ばした男が捕まった」英語では

2015年04月26日

 

 

小型の無人飛行体が、首相官邸の屋上で発見されて以来「ドローン」という言葉が一気に全国に広まった感がある。主要マスコミはdroneをそのままカタカナにして使いだしている。「ドローン」はまだ完全定着していないと考えてのことだろう、「小型無人飛行機『ドローン』」とか「小型無人飛行機(ドローン)」などと、日本語の説明とともに使ってはいる。

 

ちなみに小型無人飛行機」は英語ではunmanned aerial vehicle (UAV)が一般的だ。

 

この前代未聞の騒ぎ、ドローンを飛ばした40歳の男が福井県の警察に出頭して、一件落着した。このドローン、屋上に舞い降りたのか、墜落したかのかまださだかではないが、2週間も誰にも気が付かれないままであった。時限爆弾とかサリンなどが搭載され、首相官邸屋上で爆破されたり、ばらまかれていたなら、日本政治は大混乱。東証株価2万円回復で浮かれているどころではなくなっていた。ドローンは政府のセキュリティ対策の盲点だった。

 

さて本題。「首相官邸にドローンを飛ばした男がつかまった」は、

 

 

 

 A man was arrested for flying a drone to Prime Minister Shinzo Abe’s office in Tokyo.

 

 

あたりだ。「首相官邸」の和英辞典的訳語はprime minister’s office residenceだけれど、ニュヨーク・タイムズにしてもアメリカ国営放送のVoice of AmericaPrime Minister Shinzo Abe's office(安倍晋三首相のオフィース)としていた。「飛ばす」は「飛行機などを飛ばす、操縦する」と言う意味のflyを使う。

 

「首相官邸の屋上に小型ドローンを着陸させた男が逮捕された」なら、

 

 

 

A man was arrested for flying a small drone onto the roof of the prime minister’s office in Tokyo.

 

 

 

あたりだ。fly a drone onto …は「ドローンを飛ばし、~の上に着陸させる」で、この言い回しはニューヨークタイムズ(電子板4/24/2015)が使っていた。

 

 日本でもドローンが広く使われはじめており、それを主義主張の道具として使おうと考える人間が実際にいることが証明された。このニュースを報じるVOAはa wake-up call(警鐘)を使っていたが、たしかに、今回の事件は「目覚まし」だった。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学教授 4/26/2015)

 

 

  ここで紹介した表現は、米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイInformation List

英語なんでもかんでも

Information List

ページトップに戻る