時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「九州、四国、中国が梅雨入り」英語では

2016年06月04日

 

 「梅雨」はrainy season英語では「雨季」だ。 日本語の呼び名も入れて “tsuyu” rainy seasonと英米メディアの記者は書くこともある。

 

 「梅雨入りにしても」、俳句の季語の「入梅」にしても、趣がある。日本人の季節の移り変わりへの感受性の高さを示している。

 

 英語圏の人たちは、「雨季が始まる」と言う。なんとも無味乾燥な言い方だ。「始まる」にはstartbeginset inが使われる。

 

 で、「九州、四国、中国が梅雨入り」なら次のように言う。

 

 

  The rainy season has started in Kyushu, Shikoku and Chugoku regions.

 

 

  「気象庁が発表した」を加えると、

 

 

   The “tsuyu” rainy season has begun in Kyushu, Shikoku and Chugoku regions, weathermen said.

 

 

   日本語の趣を少しでも伝える努力をする英語圏のライターもいる。「梅雨(つゆ)」とは文字上の意味は「梅の雨」ですよということを付け加える。

 

 

  The rainy season or “tsuyu,” literally meaning "plum rain," has set in.

 

 

 「梅雨」は日本人の季節感を示すと書いたが、中国からやって来て日本社会に定着した言葉だ。中国語では「メイユー」と呼ぶ。英語ではこれをそのままMeiyuと書く。

 

アメリカ航空宇宙局(NASA)のサイトで「梅雨」という言葉の由来を説明している文章をみつけた。中国大陸にかかる梅雨前線を宇宙から撮影した写真の説明のなかにあった。

 

Meiyu literally means "plum rain," which refers to the widespread rains that can occur at the time when plums ripen. (Earth Observatory, NASA 6/28/2005)

メイユウとは「梅の雨」という意味で、梅が熟す時期の広範囲にわたる雨をさしている。

 

中国では、この長雨の時期は、梅の実が熟す時と一致していたところから、「梅の雨」という言い方をするようになるという説に基づいての説明だ。

 

「梅の雨(plum rain)」を「雨の季節(rainy season)」などと変換して英語にせずに、使う場合もある。米商務省の文書でplum rain seasonと「梅雨」を表現している文章も私の英語表現データベースのなかにはある。

 

だから「梅雨入りした」は思い切って

 

 

 The annual plum rain season has started.

 

 

と言ってみるのもよい。その場合は、

 

 

This rainy season normally starts in early June in Japan. The plum rain refers to the widespread rains that can occur at the time when plums ripen in China.

 

 

などとの追加の説明が必要だろう。しかし、現実は蒸し暑い、いなや季節だ。それで、さらに一言。

 

 

 It can get muggy and uncomfortable. I hate this season.

 蒸し暑く、不快になる。この季節は嫌いだ。

 

 

 

ここで紹介した表現は、米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

(引野剛司・甲南女子大学教授 6/4/2016)

 

 

ページトップに戻る