時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「問題を片付ける」英語では

2017年04月14日

 

 

 やっかいな問題とか、長引いている問題を解決するときに「片付ける」と日本語では言う。英語では、こんなときにtake careがしばしば使われる。

 

 たとえば、「私が問題を片付けます」と申し出る時には

 

 

  I’ll take care of the problem.

 

 

と言う。

 

 Take careは、人や動物が対象であれば、「世話をする」とか「面倒をみる」という日本語にあたり、対象が物事である場合は「責任をもって引き受ける」(ランダムハウス英語辞典)という日本語に相当する。

 

 それで、I’ll take care of the problem.なら「私が、責任をもって引き受け、面倒を見、問題を解決します」というニュアンスが含まれる。

 

 問題の所在はわかっているのに、幹部が「事なかれ主義」で、見て見ぬふりをし続け、リーダー不在の状況にある職場はたぶん少なからずあるはずだ。こんな中で、「誰も問題を解決しようとしない」と愚痴を言いたいなら、

 

 

     No one is willing to take care of the problem.

 

 

 と表現できる。こんな中「彼が問題を解決すると申し出た」なら

 

 

  He volunteered to take care of the problem.

 

 

となり、この彼は皆から称賛のまなざしを受けることになる。

 

最近、アメリカのトランプ大統領が、

 

 

   North Korea is a problem, the problem will be taken care of.

北朝鮮は問題だが、この問題は片付くだろう

 

 

と発言した。これは、受身形を使い、自分(I)を隠してはいるが、誰もこの問題を片付けた者はいないが、自分のイニシアティブで解決されるという意味が込められている。化学兵器を無垢の子どもにも使ったとして、シリアのアサド政権軍を空爆し、就任後100日たっても公約を何ひとつ実現することができず低下していた支持率は少し改善した。これに味をしめたのか、北朝鮮問題でも、国民に実行力のあるリーダーというイメージを植え付けようとしているのが感じ取れる。

 

  閑話休題。もう一つ、「問題を片付ける」にあたる言い方がある。 “clean up the problem”だ。たとえば、「うちのチームが問題を片付けた」なら

 

 

   Our team cleaned up the problem.

 

 

 clean upは、「汚染された場所を除染する(clean up the contaminated site)」とか、「ごたごたをきれいにする(clean up the mess)」などと使われていることを考えれば、「問題」も同じように「clean up(クリーンアップする)」と表現する英語感覚は理解できる。

 

 北朝鮮問題で、clean up the problem(問題を片付ける)のはずのトランプ氏がcreate bigger problems (もっと大きい問題を作り出す)にならないように願うばかりだ。

 

(引野剛司・甲南女子大学教授 4/14/2017)

 

 

 

     ここで紹介した表現は、米国での実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

ページトップに戻る