時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「五月晴れ」を英語で言う

2017年04月28日

 

  「五月晴れ」は、おおかたの和英辞書には、fine weather in Mayとかbeautiful weather in Mayとある。「五月晴れ」を「5月の素晴らしい気候」「5月の美しい気候」として英語にするのもうなずける。

 

 もともとは「梅雨の晴れ間」を言ったが、今では「5月のすがすがしい晴れ」を指すことばとしても使われている、とNHK放送文化研究所は「五月晴れ」を説明していることからも、この英訳は不適切ではない。

https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/097.html)。

 

が、しかし、「今日は五月晴れです」と言うときには、これらの訳語は使い勝手がよくない。では、どうすればいいのか。

 

英語のニュースなどを読んでいると、ときたま a nice May dayとかa beautiful May dayという言い回しに出くわす。アメリカ中西部のイリノイ州やオハイオ州の地元紙、東海岸のボストン・グローブ紙にこれらがあったし、ロンドンのインディペンデント紙でもみつけた。on a nice May dayとかon a beautiful dayとして使われているものが多いが、It’s a nice May day.It’s a beautiful Mayday.としているもあった。

 

 

これらが「五月晴れだ」の英訳としても使える。「今日は五月晴れです」なら

 

 

  It’s a nice May day, today.

 

 It’s a beautiful May day, today.

 

 We have a nice May day.

 

 

と簡単に表現できる。May Dayとすると、労働者の祭り「メーデー」と解釈されるのではとの懸念があるかもしれないが、不定冠詞のaがついてa May dayとなっているので「五月の日」と理解されるので心配はいらない。

 

「五月晴れ」には、「すがすがしい」とか「さわやかな」という気持ちが含まれている。この感じを英語であらわすのもよい。

 

「すがすがしい日」「さわやかな日」という意味でよく使われているのがcrisp dayだ。「しゃきしゃきした」「ぱりぱりした」と野菜など食べ物の食感を表すcrispという言葉は気候、とりわけ空気の肌合いをいうのにもよく使われている。

 

 

「今日はすがすがしい日だ」なら

 

It is a crisp day,  today.

 

と表現する。これを使い、言葉を少し補った上で「五月晴れだ」ということができる。

 

 

What a lovely crisp day we have!  We call such a day in May “satukibare.”

本当にすがすがしく晴れた日です。5月のこんな日を私たちは「五月晴れ」と呼んでいます。

 

 

というように、日本人の言語文化を紹介しながら言うという方法だ。ちなみにlovelyは、イギリス人が好んで使う言葉だ。

 

それから、英語では、「さわやかな日」とか「美しい日(beautiful day, lovely day)」という言葉を使う時にenjoyという動詞と組み合わせてよく表現する。初夏や秋には「さわやかな日を楽しむ」「美しい日を楽しむ」ということばをしばしば聞く。で、これを使うと「五月晴れを楽しんでいます」と少し英語発想のメッセージが発信できる

 

 

I’m enjoying a clear crisp day of May.

I‘m enjoying a sunny crisp day of May.

I’m enjoying a lovely crisp day of May.

 

 

などだ。初夏のさわやかな日を新緑のなかで過ごすと心が癒される。

 

 

(引野剛司・甲南女子大学教授 4/28/2017)

 

 

 

     ここで紹介した表現は、米国での実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

ページトップに戻る