時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「夏バテです」英語で。夏バテは日本人の健康感覚かも

2017年08月26日

 

 

 

 

 「夏バテ」という感覚を、アメリカの人たちは日本人ほど、日常的に強くもつことはないようです。

 

もちろん「夏の疲れ」をいうsummer fatigueと言う言葉はあります。が、しかし夏が終わりに近づくと、summer fatigueが日本ほどひんぱんに話題になることはないようです。とはいうものの、これを「夏バテ」にあたる英語と考えることができることはできます。

 

で、「夏ばてで、いつもより仕事に時間がかかっています」と、少し言い訳めいたことをいうのなら

 

 

Because of summer fatigue, it takes longer to get things done.

 

 

 

あたりでしょう。もっと単純に「夏バテです」と言うなら、で、「疲れ」をいうfatigueと相性の良い動詞はfeelを使って、

 

 

 

I feel summer fatigue.

 

 

 

と言えます。またgetも使うことができ、

 

 

 

I’ve got summer fatigue.

 

 

 

と言うこともできます。

 

日本のインターネットサイトをみると、夏バテへの対処法とか解消法などさまざまな情報があふれていますが、アメリカのネットでは、そう話題になってはいないようです。

 

アメリカ国民の健康の大元締めといってよい二大機関、国立衛生研究所(NIH)と国立疾病予防研究所(CDC)のサイトでは、国民の健康に関するありとあらゆる情報を一般向けに平易に解説したり、健康維持アドバイスをしているのですが、この二つのサイトでsummer fatigueを検索しても、ヒットしませんでした。もちろん、ネットの和英辞書などで「夏ばて」の訳語とされているsuffering from the summer heat(夏の暑さによる苦しみ)やsummer lethargy(夏の倦怠感)もありませんでした。

 

これを見ても、アメリカでは「夏の疲れ」は社会的にはさほど意識されていないのでは、と思ってしまいます。

 

とは言え、アメリカの官公庁のデータベースで、summer fatigueは一件だけヒットしました。米空軍のサイトで、次のように使われていました。

 

 

 

Some of the main triggers to summer fatigue are sleep loss, circadian rhythm disruption, heat/humidity and alcohol consumption. (Steve Gwinn,"Summer Fatigue," Scott Air Force Base, U.S. Air Force 5/29/2009)

 夏の疲れ(夏ばて)を引き起こす主要な要因は、睡眠不足、概日リズム障害、暑さ/湿度、アルコール消費などである。

 

 

官公庁の文書にはなくても、アメリカの新聞記事ではsummer fatigueの用例はいくつもありました。モンタナ州のグレート・フォールスという町で発行されているGreat Falls Tribuneに次ぎのような見出しの記事がありました。

 

 

 

 Tips on fighting summer fatigue "Tips on fighting summer fatigue," Great Falls Tribune, Great Falls,Montana 8/8/2014)

夏の疲れ(夏ばて)と戦うヒント

 

 

 

日本人やアメリカ人の感覚からいえば「夏は涼しい」イギリスの新聞でも用例を見つけました。ロンドンで発行されている全国紙インデペンデント紙の記事です。

 

 

 

I don't know how to cure summer fatigue. Ian Herbert, Sam Wallace,”Capello: I don’t know how to cure summer fatigue," The Independent, London 6/6/2011)

 どのように夏の疲れ(夏ばて)を解消するのかわかりません。

 

 

 

という一文がありました。これらを日本語訳するときは「夏の疲れ」と訳しても、「夏バテ」と訳すことはできます。

 

新聞記事・雑誌記事のデータベースを見ていたら、これぞ「夏バテ」の英語だという言い回しがみつかりました。general late-summer fatigueです。直訳すれば「晩夏の一般的な疲れ」です。ニュージャージー州のThe Recordという新聞の記事でこんな風に使われていました。

 

 

Giambi had been battling soreness in his knee, and general late-summer fatigue. Pete Caldera,"Yanks look ahead," The Record, New Jersey 7/30/2006

ジンビは膝の痛みや夏バテと戦っていた。

 

 

 

というわけで、late-summer fatiguegeneral late-summer fatigueが「夏ばて」に相当する英語としてはお勧めです。

 

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学教授 8/26/2017)

 

 

 

  ここで紹介した表現は、米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

ページトップに戻る