時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「若手を信頼する」 英語では

2017年09月02日

 

  ワールドカップアジア最終予選オーストラリア戦の勝利にしても、このところの阪神タイガースの活躍にしても、監督が「若手を信頼した」結果が実ったものでしょう。

 

「若手」とか「若い連中」にあたる英語は一般的には、young peopleです。ただ、スポーツの世界では、young playersyoung athletes(若手選手)となります。

 

 「信頼する」といえば、誰もが思い浮かぶのはたぶんtrustでしょう。なので、「若手を信頼する」はtrust young peopleとなります。これでいいのですが、日本語話者にとっては、少しカラフルというか、凝ったように感じる言い方があります。英語が話されている社会では、日常よく使われています。それは、

 

 

     put one’s faith in young people

 

 

 です。faithといえば「信仰」で、宗教のことばという語感を持っている人が多いと思いますが、そうではありません。ランダムハス英語辞典でfaithを見てみると、最初に挙げてある訳語は「信頼」「信用」です。つまりfaithの第一義が「信頼」ということになります。「信仰」は三番目に挙げられています。ですから、put one’s faith inは「~に信頼を置く」です。

 

管理職などが、「われわれはもっと若手を信頼すべきだ」なら

 

 

 

   We should put our faith in young people.

 

 

 

となります。

 

 一方、若手が、その起用に感謝の言葉を述べるときは、

 

 

 

   Thank you for putting your faith in me.

 

 

となります。

 

 

 

もちろん、この表現は若手に限ったことばではありません。誰かからの信頼に感謝する言葉として、広く使われています。実用例を紹介しておきます。これは、アメリカのイリノイ州のメインという町の町長が選挙で選ばれことを町民に感謝する言葉です。

 

 

 

I thank you for putting your faith in me for the next four years. (Lauras Letter,Mainely News, Summer 2017, Maine Township, Illinois)

今後4年間、私を信頼していただいことを感謝申し上げます。

 

 

 

 

このput one’s faith in はスポーツの世界でもよく使われており、欧州のサッカーの記事には put one’s faith in young players(若手選手を信頼する)はしばしば出てきます。

 

 実際、ワールドカップアジア最終予選オーストラリア戦の勝利の翌日の記者会見で、日本代表チームのハリルホジッチ監督はこう述べています。いつものようにフランス語で語ったのですが、イギリスのロイター通信は次のように報じています。

 

 

 

 I thought that I should put my faith in younger players. I showed that was the correct call. (Michael Church,“Japan seal World Cup berth, South Korea made to wait,” Reuters 9/1/2017)

若手を信頼して使うべきだと思っていたが、それが正しいことを見せることができた

 

 

 

最後に付け足しですが、「~に信頼を置く」はput one’s confidence in …という言い方もできます。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学教授 9/2/2017)

 

 

 

  ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

ページトップに戻る