時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「厳しい寒さは続きそうです、お体ご自愛ください」英語では

2018年01月24日

 

 

 時候の挨拶に「お体ご自愛ください」という文言をよく添えます。日本人が好む通信文の結びです。われわれの言語文化での定型化した言葉遣いで、英語圏の言語発想にはない言葉の使い方のようです。

 

だからといって、この言葉遣いを差し控える必要はまったくなく、英語に訳出して、日本人の気配りの文化として発信していけばいいと、私などは考えています。

 

「寒さ」は英語では、cold weather (冷たい気候)と言うことは広く知られているところです。

 

「続く」といえば continue という単語を思い浮かべがちですが、「寒さが続く」とか「猛暑が続く」など天候が「続く」と言う場合にはlastかremainです。lastは「時間的に継続する」ですから、この動詞の使用は、おおかたの日本語話者には違和感はないと思われます。

 

が、しかし、remainという動詞はなかなか思い浮かばないと思います。 ランダムハス英語辞典に「~の状態のままでである」とか「居残る」「とどまる」とありますので、英語的には、寒さが「とどまる」という表現方法です。

 

なので、「寒さが続きます」は

 

 

 

  Cold weather will last.

 

     Cold weather will remain.

 

 

 

と表現します。「しばらくの間」はfor a whileが使えますので、「寒さがしばらく続きます」なら

 

 

 

  Cold weather will last for a while.

 

     Cold weather will remain for a while.

 

 

 

となります。動詞のremainを使った場合は、次のようにwith usを後につけることもあります。これだけで、英語発想的な文になります。

 

 

 

  Cold weather will remain with us for a while.

 

 

 

「寒さは続きます」ではなく、「寒さが続きそうです」と断定を避けるいい方を好むなら、「~である見込み」「~である可能性がある」という意味のbe likely toを挟み込んで、

 

 

 

 Cold weather is likely to remain with us for a while.

 

 

と言います。

 

「寒さ」だけではなく「厳しい寒さ」というなら、bitterly cold weatherとかvery cold weatherがいいでしょう。ともによく使われています。

 

 

さてもう一方の「お体ご自愛ください」は、最初に述べましたように、英語の社会ではビジネスなどの通信文の末尾に、書き込む習慣はないようです。相手が体調不良で寝込んでいるようなときは、別ですが。

 

とはいえ、英語にはPlease take care of yourself(自分自身のことを気を付けてください、自分自身のことは自分自身で面倒をみてください)という言い方があります。さらに自分をケアするレベルを一段上げた、Please take good care of yourselfもあります。ともに、アメリカ人などの日々の言語生活では頻繁に使われています。「お体にお気を付けください」「ご自愛くだい」という日本語に相当します。

 

 

ですから、「きびしい寒さはしばらく続きそうですが、お体ご自愛ください」は

 

 

Bitterly cold weather is likely to stay with us for a while. Please take good care of yourself.

 

 

 

「きびしい寒さはしばらく続きそうですが、お風邪など召 されないようお体ご自愛ください」なら

 

 

 

Bitterly cold weather is likely to stay with us for a while. Please take good care of yourself not to catch a cold.

 

 

 

くどいようですが、これは日本の言語表現法をそのまま英語化したものです。たぶんtake care of oneself not to catch a coldをいくつかの米国のデータベースで、検索をかけてみたのですが、ヒットしませんでした。グーグルで検索をかけると、日本や韓国の人らしき人が書いた文では見かけました。

 

で、もうすこし、英語的発想でとなると、

 

 

 

Bitterly cold weather is likely to stay with us for a while. Try not to catch a cold or the flu. Take care.

 

 

Bitterly cold weather is likely to stay with us for a while. Do not to catch a cold. Warm up your body.

 

 

 

あたりでしょうか。どうも、「風邪をひかないように」も日本人が好む冬の時期の定番表現のようです。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学教授 1/24/2018)

 

 

  ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

 

 

ページトップに戻る