時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「子どもの使いで行ったわけではない」 英語で

2018年05月13日

 

 

 

「こどもの使い」に完全に相当する英語があります。

 

 

 

a fool's errand

バカのお使い

 

 

です。「お使い」はerrandで同じ、「子ども」が、英語では「バカ(fool)」となります。それぞれは、同じ発想で、同じように使われます。念のために、a fool's errandの定義を紹介しておきます。わかりやすかったのは、インターネットのFarlex Partner Idioms Dictionaryでした。

 

 

a journey, task, etc. that is a waste of time because it was not necessary

時間の無駄である不必要な旅や仕事など

 

 

 

この言葉は英語圏で、今、実際に日常語として使われてもいます。

 

これも確認のため、米国の新聞記事や雑誌、論文データベースにあたりました。

 

1万件以上ヒットしました。アメリカのウォール・ストリート・ジャーナル、ワシントンポスト、ロサンゼルスタイムズ、シカゴ・トリビューン、イギリスのサンデー・テレグラフやデイリー・メイルなど数多くの新聞の2000年代の見出しや記事に使われていました。

 

さて、先週の中村時広・愛媛県知事の発言、職員は「子供の使いで行っているわけではない」という言葉は結構、説得力がありました。

 

「加計学園」の獣医学部新設をめぐっての、柳瀬唯夫元首相秘書官の国会での参考人質疑で愛媛県職員との面会を覚えていないとの主張に対する反論です。

 

この「県職員は子どもの使いで行っているわけではない」をa fool’s errandを使って英語で言うなら

 

 

 

 The prefectural officials were not sent on a fool’s errand.

 

 

 

となります。

 

「子どものお使いで」がon a fool’s errandです。「お使いで」のon an errandから派生したものです。「~をお使いに行かせる」という時に使う動詞はsend(送り出す)です。主語は県職員(prefectural officials)で、特定の職員ですから定冠詞のtheをつけます。

 

 

「県職員は子どもの使いではない」なら、

 

 

 

The prefectural officials are not on a fool’s errand.

 

 

 

となり、日本語も英語もまったく同じ発想の表現ができます。

 

最後に実際の用例を紹介しておきます。

 

 

 

Days later, the troops stumbled into camp and told their humiliating tale -- which led several governments to conclude that peacekeeping in Sierra Leone is a fool’s errand.

(“ A Fool's Errand,” Wall Street Journal, Europe; Brussels 5/10/2000)

 

数日後、軍は野営地に何とか入り、屈辱的な話をした。それによって、複数の政府がシエラレオネの平和維持が子どもの使いだとの結論を出すにいたった。

 

 

 

He was not sent on a fool's errand.

(Amy Mantravadi, "Lamentations 3:55-59,Redeemed Suffering in Lamentations" 4/26/2017)

 

彼は子どもの使いで送られてはいなかった

 

 

 

But as George Albright leads me up yet another rise and sweat collects on my brow, I fear we may be on a fool's errand.

David A. Taylor,"Getting to the Root of Ginseng," Smithsonian magazine July 2002,  Smithsonian Institution)

 

しかし、ジョージ・オルブライトが別の上り坂を先導してくれ、汗が私の眉のところに溜まった。私たちは子どもの使いではないかと気になった。

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 5/13/2018)

 

 

ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

ページトップに戻る