時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「悪質プレー」を英語ではどう言うか

2018年05月17日

 

 

 

日本大学アメフト部の選手による、プレーを終わった無防備の関西学院大学選手への背後からのタックル。

 

報道によれば、日本大学の関係者は当初、監督から関学の「クウォーターバックを潰せ」との指示に基づいての行動と述べ、後日、日大は公式に「監督の指示ではなかった」と述べているようです。事の真相はともかく、私のような素人には、あのビデオ映像は、関学選手に対する悪意のあるプレーに見えます。

 

英語のスポーツ報道で「悪質プレー」という意味でよく使われている言葉があります。

 

 

 

vicious playと

 

malicious play

 

 

 

です。Viciousとは「悪徳の」「質の悪い」で、こんな感じで使われています。

 

 

 

It was not a vicious play but it was an obvious flagrant foul.

(Paul Schwartz,"SPREE VERY GOOD - AND THEN VERY LUCKY," New York Post 4/24/2000)

それは悪質プレーではなかったが、それは明らかに目に余る反則だった。

 

 

 

もう一つのmalicious も「悪意のある」という意味ですから、「悪意のあるプレー」で、「悪質プレー」と訳せます。

 

次は、アメリカのアイオイ州のマスカティン郡で行われたドッジボール・トーナメントのルール(Dodgeball Tournament Official Rulesの一部です。

 

 

 

Any malicious play during the course of the tournament will not be tolerated and may lead to the player or teams’expulsion. 

("Dodgeball Tournament Official Rules," Muscatine County 4-H, Iowa, December 2014

 

トーナメント中の悪質プレーはいかなるものでも容認されることはなく、選手もしくはチームの追放につながる可能性があります。

 

 

 

こうした「悪質なプレー」は「汚いプレー」をいうdirty playnasty playとも呼ばれています。

 

 

実際のところ、コーチが汚いプレーを指示したり、促したりすることはアメリカにもあるようで the encouragement of “dirty play” by coaches という言葉もあります。

 

ざっと見た限りですが、今のところ欧米の通信社、新聞、テレビはこの日大選手による事件は報じておらず、「悪質プレー」をどのように書いているのか確認することはできませんでした。(後日、AP通信、Washington Post、New York Timesなども報道し、「悪質プレー」はviolent hitviolent tackleviolent foul, notorious hitなどと表現していました。)

 

しかし、日本の英字メディアは当初から報道しており、Japan TimesのHiroshi Ikezawa記者はこの行為を personal foul (パーソナルファウル) という専門用語で表現していました。「バスケットボール、フットボールなどでルール違反の体の接触または荒っぽい,スポーツマンらしくないプレー」とランダムハウス英語辞典には定義されている言葉です。その部分を引用します。

 

 

 

A defensive player for the Nihon University Phoenix committed three personal fouls in the first several plays against archrival Kwansei Gakuin University Fighters and ejected following his third during the exhibition game on May 6 at Amino Vital Field in Tokyo.

(Hiroshi Ikezawa,“Dangerous plays by Nihon University defender rock college football,” Japan Times 5/15/2018)

 

5月6日に東京・アミノバイタルフィールドでの第3回定期戦で日本大学フェニックスのディフェンス選手は、最大のライバル関西学院大学ファイアーズに対して、最初の数プレーで3度「パーソナルファウル(悪質反則)」を犯し、退場処分となった。

 

 

 

 

朝日新聞の英語版では、アメリカンフットボール用語の late hit (プレー終了後に相手チーム選手に重大な接触をすること) を使って、a vicious and extremely late hit (悪意のある極端なレイト・ヒット)と書いていました。

 

 

 

A vicious and extremely late hit against a defenseless quarterback in an American football game has led to a suspension, boycotted games and a government demand for an investigation.

(“Dirty hit sends shock waves through college football league,” The Asahi Shimbun 5/15/2018)

 

アメリカンフットボールの試合で、無防備なクォーターバックに対して悪意のある極端なプレー後のタックルで、出場停止、試合ボイコット、政府の調査要請となった。

 

 

 

というわけで、「アメリカンフットボールの試合中に、日本大学の選手が無防備の関西学院大学のクオーターバックに背後からタックルをするという、悪質プレーをおこなった」を英語にするなら、

 

 

A Nihon University defensive player committed vicious play during an American football match, hauling down the defenseless Kwansei Gakuin University quarterback from behind.

 

 

あたりでしょうか。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 5/17/2018 更新5/23/2018)

 

 

ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

ページトップに戻る