時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

落語を「聴きに行く」英語ではgo to listen toかgo to seeか

2018年07月16日

 

 

「落語」はとりあえずローマ字でrakugoとして、その後でtraditional Japanese comic story tellingという説明を加えるという表現の仕方が多いようです。

 

このほかにも

 

 

a traditional form of Japanese comic storytelling

a solo storytelling form

a Japanese sit-down comedy show

 

などと説明されています。

 

さて、問題の「聴きに行く」は、英語でどう表現されているのかです。

 

 

日本語の語感ではgo to listen to …です。何かを「聴きに行く」ときには、英語の発想も同じでこれを使います。ブルーグラスジャズのライブを聴きに行ったなら、I went to listen to live bluegrass music.と表現します。念のため、実例を挙げておきます。

 

 

After, they went to listen to live bluegrass music -- and drink some more beer.

(Brad Schmitt, "A crash into sobriety," The Tennessean, Nashiville, Tennesse。8/15/2016)

その後で、彼らはブルーグラスのライブを聴きに行き、ビールも、もう少し飲みに行った。

 

 

 

ですから、「落語を聴きに行く」ならgo to listen to rakugoと表現すればいいことになります。

 

ただ、おもしろいのは、「聴きに行く」音楽イベントに、「観に行く」のgo to see も使われている点です。日本語でも「コンサートを観に行く」「落語を観に行く」と表現する人がいるのと同じです。

 

通常、映画やミュージカル、演劇、サーカスなどの興行系のイベントは「観に行く」ですから、こんな風に使われています。

 

 

It was my 50th birthday and we went to see a comedy show at Carolina Comedy, it was amazing.

GTS Theatre,Yelp, Accessed on 6/30/2018)

私の50歳の誕生日でした。私たちは、キャロラナイ・コメディ劇場にコメディ・ショーを観に行きました。素晴らしかった

 

 

 

コメディは「観に行く」でいいのですが、コンサートを「観に行く」で表現している例があります。アメリカのウイスコンシン大学のことについて「何でも答えます」というNOODLEというサイトから拾ったものです。

 

 

 

For example in December we went to see Christmas Carol in the theatre. It was so emotional, and every student had fun and enjoy it.

("Anonymous, Student, University of Wisconsin-Milwaukee, Class of 2017," What are the top 3 things that students do for fun at University of Wisconsin-Milwaukee?"  University of Wisconsin-Milwaukee, Noodle.com 1/13/2015)

たとえば、私たちは12月にはクリスマスキャロルを劇場に観に行きました。とても感動的で、学生は皆、楽しんでいました。

 

 

 

クリスマスキャロルはクリスマスを祝う歌ですから、本来は「クリスマスキャロルを聴きに行く」ですが、このように「観に行く」が使われています。

 

たしかに、コンサートは音楽を「聴きにいく」ですが、指揮者や奏者あるいはミュージシャンの動きなどを見て、臨場感を楽しみます。部屋でCDを聴くのとは違います。

 

この流儀に従えば、「聴きに行く」落語にも、go to seeが使えることになります。落語は、話を聞くだけではなく、噺家のしぐさや表情を含めた話芸を楽しむ芸能です。だからseeとしても不自然ではありません。

 

ですから、「昨日、落語を聴きに行った」なら

 

 

 

I went to see rakugo, traditional Japanese comic story telling, yesterday.

 

 

 

実際のところ、ツイッターで、このメッセージを発している外国の人がいました。

 

 

 

Went to see rakugo, traditional Japanese comic story telling, in Asakusa. Didn’t understand much but still fun!

(Peter T‏ @xxxx, Twitter 6/26/2016)

浅草に落語を観に行った。よくわかなかった。でもおもしろかった。

 

 

 

ついでながら、外国の人に「落語に行きませんか」と誘うのも

 

 

 

 

Are you interested in going to see rakugo, traditional Japanese comic story telling?

 

 

 

で、「落語を観に行くことに興味はありませんか」と聞くのが英語発想です。

 

実は私も過日、神戸文化ホールで行われた神戸出身若手落語家のロビー寄席に行ってきました。「落語の寄席」はrakugo (traditional comic story telling) performancesですから、これを英語で言うなら、

 

 

 

I went to see rakugo (traditional comic story telling) performances by young storytellers from Kobe held at a lobby of Kobe Bunka Hall the other day.

 

 

とするのもいいでしょう。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 7/16/2018)

 

 

ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

ページトップに戻る