時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「面倒見がいい」を英語で言う

2018年07月26日

 

 

 

「講師の面倒見がいい」と塾がテレビでコマーシャルを流していました。高校の進路指導教諭にアンケートした「面倒見が良い大学トップ100」というランキングもネット上にあります。大学全入時代を迎えて、私大にとって学生の面倒見のよさは、受験生をひきつけるキーポイントのようです。面倒見のいい上司や先輩がいる職場は、気持ちよく働けるようです。

 

「面倒見」というのは、日本語ならではのあいまい表現です。人によって、面倒見といえば、想定する範囲はたぶん異なります。

 

「面倒見がよい塾」と言えば、受験生がわからない部分は懇切丁寧に教えてくれる塾で、「面倒見のよい大学教員」といえば、教育の部分だけではなく、学生の日々の暮らしや就職の世話までする先生というイメージが私にはあります。「面倒見のいい上司」といえば、何かと助けてくれ、相談に乗ってくれる上司と、私などは考えます。たぶん人によって「面倒見」の範囲は異なると思います。

 

 

「面倒を見る」ですぐに思い当たる英語はおそらくtake careや、care forでしょう。典型的な使われ方としては、

 

 

 

How to care for elderly parents is a major concern of many Foreign Service families.

(”Eldercare,” Crisis Management Service, U.S. Department of State, Accessed on 7/25/2018)

高齢の親の面倒をどのように見るかは、外務職員の家庭の多くにとって大きな懸念事項です。

 

When he died, I took care of all the necessary arrangements.

(IGOR BAUERSIMA & RÉJANE DESVIGNES, “ TATTOO,” Theatre Forum, 2009)

彼が亡くなったとき、必要な手配の面倒を全部私が見た。

 

 

 

という塩梅です。

 

しかし、ここのcare forは食事や身の回りの世話をするという意味だし、take careは「処理する」「担当する」という意味です。「彼は面倒見がいい」などとひとくくりに言う場合には、使えません。

 

こんなときのざっくりとした言い方は英語ちゃんとあります。 日本語の発想にはない表現の仕方です。

 

 

 

He is always willing to help out.

 

 

 

「彼は、いつも喜んで手助けをしてくれる」という表現の仕方です。help outはhelpと同じ意味で、helpよりも口語的です。be willing toは「進んで~をする」とか「~することを厭わない」などと覚えたイディオム。alwaysは「いつも」「常に」です。

 

で、塾が、講師の面倒見がよいことを宣伝するなら、

 

 

 

Our instructors are always willing to help out.

 

 

 

が英語的な言い方です。直訳は「うちの講師はいつも喜んで手助けします」です。「私の上司は面倒見がいい」なら主語をMy bossとすればいいだけです。

 

実用例があります。最初の用例は米ペンシルバニア州のハリスバーグのコミュニティ・カレッジの調査レポートの一部です。もう一つの例はFindlocalというサイトにあったテキサス州サンアントニオにあるSTW Krav Maga Defense & Fitnessという護身・フィットネスクラブの利用者のレビューです。最後は問題解決サイトにあった一文です。

 

 

The instructors are always willing to help out anyway they can.

(Glen Lum,“Student Attitude/Satisfaction Survey--Lancaster Campus,” Harrisburg Area Community Coll., PA. Office of

Institutional Research, ERIC, U.S. Department of Education, October 1993 ;files.eric.ed.gov/fulltext/ED376886.pdf)

講師は面倒見がよくて、できるだけのことをしてくれる。

 

 

 

The instructors are always willing to help out after class. I always feel great and energized after class!

(” About STW Krav Maga Defense & Fitness,” San Antonio Texas 6/20/2011)

レッスン後もインストラクターは面倒見がよく、レッスンが終わると、私は気分は最高で、元気をもらったように感じます。

 

 

 

What about if the boss is not willing to help out?

(“3 rules to gain our boss endorsement | APSm” Applied Problem Solving 12/18/2014; http://appliedproblemsolving.com/3-rules-to-gain-our-boss-endorsement/)

上司の面倒見が悪い場合はどうでしょうか。

 

 

 

英語圏ではhelpという言葉は、他人に対する思いやりのキーワードのひとつです。個人主義、独立独歩意識の強い社会であるからこそ弱者に手を差し伸べることの重要性が認識されています。Helpという動詞はこうした認識を表現するための重要な言葉です。「手助けすることを常に厭わない」(be always willing to help out)はこうした言語社会で確立し、よく使われている言葉と言えます。

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 7/26/2018)

 

 

ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

ページトップに戻る