時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語世間話、これ英語でどう言うの?

エッセイ一覧

「ゆったりと過ごす」を英語でどういうか

2009年09月09日

神戸に住んでいると、車で3時間も北に向えば、奥深い山のなかに入ったという感じになる。

兵庫県の但馬の瀞川平(とろかわだいら)という高原に出かけた。ここに「但馬高原植物園」がある。植物園というより、自然林をそのまま生かした森と湿原だ。

但馬高原に降った雨水が、時を経て天然水として湧き出し、湿原をつくりだしている。湧き水は一日に5000トンで、常時10度。そのせいもあってか気温は20度。ここはすでに秋深く、湿気を含んだひんやりとした空気が心地よかった。

幹周り16メートルの大カツラがここにはある。樹齢800年とも1200年ともいわれている。カツラは、水を呼び寄せる木なのだそうだ。大カツラの横に、湧き水が苔むした竹でひいてあり、味わえるようになっている。気のせいだろう、少し甘く感じた。ここでは「カツラの千年水」と呼ばれている。

カツラが呼び込む水と自然林が作り出す大気と可憐な秋の高原の草花のなかを散策し、ベンチに腰掛け、「ゆったりとした時間」を過した。英語でいうと

I had some carefree and relaxed time.

あるいは

I had a nice relaxing time.

I had a peaceful and relaxing time.

I spent a very relaxed time.

あたりだろう。ちょっと味気ない感じがしないわけでもないが、「ニューヨークタイムズ」などで見つけていた表現だ。

carefreeは「ケアのない」だから「くつろいだ」「気ままな」と言う意味。ここのpeacefulは「穏やかな」という意味。relaxは「緊張が取り除かれた」状態で、relaxed timeとrelaxing time、両方が使われている。

リラックスして、ゆったりと時が流れるのを楽しむと言うのに、よく使われる言い方がもう一つある。

sit back and relax  あるいは  lay back and relax

である。ともに「心地のよい椅子などにゆったりと座り、リラックスする」という意味だ。

リゾートホテルでのんびり過ごすとか、ビーチやプールサイドで小説なんかを読みながら過ごすとか、一日の仕事を終えて、自宅でテレビを見ながらくつろぐときなどに使われる。リゾートホテルなどの宣言文句によくでてくるし、アメリカ人が自宅に招いた友人に「くつろいで」というときに

Just sit back and relax.

と声をかける。今日の私のように森を散策しながら、という場合にはこれはあてはまらないが…。

「但馬高原植物園」のパンフレットには「癒しの森」と唄ってある。これはまんざら外れてはいないと思った。
 


(ひきの・たけし)

ページトップに戻る