時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「ドアは静かに閉めましょう」 英語では

2015年06月18日

 

 

 「ドアは静かに閉めてください」「ドアは静かに閉めましょう」は、おおかたの日本人が英語にするとたぶん、

 

 

 

      Close the door quietly, please.

 

 

 

「静かに」はquietlyだからだ。日本語発想でそのまま英語にしても、これは通じる英語だ。実際に英語圏で使われている。これ以外にもうひとつ、同じ意味でよく用いられている言い方がある。

 

 

 

   Close the door softly, please.

 

 

 

「ドアはそっと閉めてください」という言い方だ。

 

アメリカでは幼児教育のなかで、ドアの開き閉めの作法をとりあげる。ドアはバタンと閉めるものではなく、静かに閉めるものだということを教え込む。そのときに使われるのがClose the door softlyで、たいては次のようにいう。

 

 

   Close the door softly, Dont slam the door, please.

   ドアはそっと閉めてね、乱暴にドアは閉めないでね。

 

 

 

 ここのslam the doorとは「ドアをバタンと閉める」「ドアをぴしゃりと占める」という意味で、これまたよく使われている。タクシー車内の貼紙に書かれていたりする。日本のように自動ドアなどないアメリカでは、乱暴にドアを閉める客がいることがわかる。

 

 かって「文化住宅」と呼ばれていた日本の集合住宅には「ドアは静かに閉めてください」などの貼紙があった。今でもあるのだろうか。

 

昨今は、マンションにも、一戸建てにも玄関ドアには自動的に一定の速度でドアを閉める装置がついている。「ドアクローザー」というそうだ。ただし、長く使っていると、スピード調節が狂い、バターンとドアが閉まるようになってしまう。

 

ちなみに、「ドアがバタンとしまった」 The door closed loudly.、「ドアがバタンと閉まる音」は door slam。 「ドアクローザー」は和製英語ではなく、英語の door closer をカタカナにしたものだ。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学教授)

 

  ここで紹介した表現は、アメリカでの複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

ページトップに戻る