時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「山口組が分裂した」英語で

2015年09月08日


 

日本最大の暴力団「山口組」は英語でもそのままthe Yamaguchi-gumiと表記されている。固有名詞だから当然である。

 

その活動は米国にも影響しているため司法省や財務省など米国政府の文書などにもYamaguchi-gumi出てくるし、New York TimesやアメリカのAP通信、イギリスのロイター通信など海外の報道機関もその動勢について折りにつき報道する。だから、その存在は海外でも知られるようになっている。

 

 とはいえ、Yamaguchi-gumiについて記述する場合、補足説明が通常はついている。たとえばこんな感じだ

 

 

 Japan’s largest yakuza crime syndicate(日本最大のヤクザ犯罪シンジケート)

 

 Japans largest organized crime group (日本最大の組織犯罪団体)

 

 Japan's largest crime syndicate (日本最大の犯罪シンジケート)

 

 the largest group within the Japanese Yakuza (日本のヤクザの最大団体)

 

 

 yakuzaは英語にほぼ定着した日本語のひとつで、日本の「暴力団」をいうのにyakuzaとかyakuza mobstersなどと使われている。で、これらを使うと、「山口組が分裂した」はこうなる。

 

 

 

 The yamaguchi-gumi, Japan’s largest yakuza crime syndicate, has split up.

 

 

 

 

 「分裂する」は二つに割れるというニュアンスがあるsplit upを使う。英米のマスメディアもおおむねこれを使っている。もちろんbreak upも使える。

 

山口組には組員というか、警察のいう「構成員(member)」「準構成員(quasi member)」が約2万3000人いると把握されているから、数字を入れると次のようになる。

 

 

 

  The 23,000-member Yamaguchi-gumi, Japan’s largest yakuza crime syndicate, has split up.

 

 

 

 さらに「二つのグループに分裂した」と明確にいうなら

 

 

 

 The  23,000-member yamaguchi-gumi, Japans largest organized crime group, has split into two groups.

 

 

 

この二つのグループは相互に「いがみ合っている」「対立している」とさらに言葉を加えるなら「半目状態にある」という意味のfeudingを使えばよい

 

 

 

 The  23,000-member yamaguchi-gumi, Japans largest organized crime group, has split into two feuding groups.

 

 

 

 山口組の分裂で、縄張り争いturf warなどによる抗争の勃発を警察は警戒している。分裂が確定する前の記事だが、イギリスの有力紙のひとつガーディアンはこんな風に伝えている。

 

 

  Police in Japan are bracing for an outbreak of gang violence after reports that the Yamaguchi-gumi — the country’s biggest crime syndicate — is about to split.Justin McCurry,”Japanese police fear gang war as Yamaguchi-gumi tensions surge,” the guardian 8/28/2015)  

 

 

 

 日本の最大の犯罪組織山口組が分裂しようとしているという報告で、日本の警察はギャング抗争の勃発に備えている。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学教授 9/8/2015)

 

  

 

ここで紹介した表現は、英語圏での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

ページトップに戻る