時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「桜は今、見ごろだ」英語では

2016年03月28日

 

 

 日本より一足早く、アメリカの首都ワシントンの桜は今が見ごろだ。毎年恒例の「桜まつり(Cherry Blossom Festival)は3月25日から始まっている。ワシントン・ポスト紙のウェブサイトには記事に加え、ビデオで桜だよりが報じられ、多数の人たちがポトマック川沿いの桜を楽しんでいる様子が映し出されている。

 

 ワシントン・ポストの3月25日付けの記事のみだしは、

 

 

 Cherry blossoms officially hit peak bloom, one week earlier than average

 桜、満開宣言、平年より1週間早い。

 

 

 この記事の書き出し(英語ではleadという)はこんな塩梅だ。

 

 

  The National Park Service announced that the cherry blossoms officialy reached peak bloom early this afternoon. (,“Cherry blossoms officially hit peak bloom, one week earlier than average,” The Washington Post 3/25/2016)

  桜は今日の午後早く、満開となったと国立公園局が宣言した。

 

 

 「桜は今、見ごろだ」は、このワシントン・ポストの表現がそのまま使える。

 

 

 Cherry blossoms hit peak bloom.

 

 

  The cherry blossoms reached peak bloom.

 

 

 

 日本語では「桜」だけでいいが、英語ではcherry blossoms(桜の花)という必要がある。ここのpeak bloomは「満開」だが「見ごろ」の意訳としても使える。

 

 「見ごろ」という日本語にそのままあてはまる英語もある。 the best cherry blossom viewingで、これを使って「大阪では来週、桜が見ごろとなる」を言うなら

 

 

 The best cherry blossom viewing will be next week in Osaka.

 

 

 もっと、単純に「桜は今が見ごろ」と言いいたいなら、

 

  The cherry blossoms are best now.

 

 

でよい。これもちゃんと使われている英語だ。

 

   首都ワシントンの人たちの桜の開花への関心は相当高いようで、地元のポスト紙には毎年、開花情報が掲載される。 ここの桜は明治45(1912年)に尾崎行雄東京市長が贈ったものであるから、アメリカの人たちがこの桜を愛し続けてくれていることは、日本人として素直に嬉しい。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学教授 3/28/2016)

 

  ここで紹介した表現は、米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

ページトップに戻る