時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「北朝鮮ミサイルが日本上空を通過した」英語で

2017年08月29日

 

 

 

「上空を通過する」は少なくとも言い方が二つあります。 一つはpass overでこれは「~の上を通る」。もう一つはfly overで「~の上を飛ぶ」です。

 

「北朝鮮ミサイル」はNorth Korean missileですので、「北朝鮮ミサイルが日本上空を通過した」は

 

 

 

A North Korean missile passed over Japan. あるいは

 

 

A North Korean missile flew over Japan.

 

 

 

 となります。829日の早朝に北朝鮮がミサイルを発射し、日本上空を通過した際には、アメリカのAP通信、New York Timesflew over、イギリスのロイター通信はflew overpassed overの両方を使っていました。

 

 

 

「北朝鮮はミサイルを発射し、それが北海道の上空を通過した」と少し詳しく言うならば、

 

 

 

 North Korea fired a missile that flew over Hokkaido, northern island of Japan.

 

 

 

 

です。ミサイルを「発射する」は銃などの兵器を発射するときに使うfireが一般的です。ロケットの打ち上げに使うlaunchを用いることもできますが、fireの方が攻撃的なニュアンスがあります。主語はNorth Korea以外に、英語発想では、North Koreans (北朝鮮の人たち)とすることもあります。また、これは弾道ミサイルでしたから、ballistic missileとするとより具体的になります。

 

「襟裳岬沖約1180キロの太平洋に落下した」という情報を加えるなら

 

 

 

 North Korea fired a ballistic missile that flew over Japan and landed in the Pacific Ocean about 1,180 kilometers off Cape Erimo,  Hokkaido.

 

 

 

 

「落下した」と日本語では言いますが、英語的に言うなら「着水する」という意味のlandを使います。ちなみに、「着水する」という意味で使うときの前置詞はinで、「着地する」ときはonです。襟裳岬の「沖」はoffが決まった言い方です。

 

最後に少し、発想を変えて「北朝鮮は、日本越しにミサイルを発射した」という言い方もできます。

 

 

 

North Korea fired a missile over Japan.

 

 

 

これはアメリカのVoice of AmericaやイギリスのTelegraph紙が使っていた表現です。どちらかと言えば英語的発想なので、日本語感覚からはすぐには思いつかない表現かもしれません。「北朝鮮がミサイルを発射して、それが日本の上空を通過した」という言い方よりも、「日本の上空を通過するように向けてミサイルを発射する」という表現の方が緊迫感はあります。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学教授 8/29/2017)

 

 

 

  ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

ページトップに戻る