時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「刑事訴追のおそれがあるため回答は控えます」 英語で

2018年03月28日

 

 「刑事訴追」に当たる英語は criminal prosecution です。

 

  日本語では「刑事訴追のおそれがある」という言い方が標準的ですが、英語発想では

… could face criminal prosecution、つまり「刑事訴追に直面する可能性がある」と表現します。これが英語社会での基本的な言い方です

 

  ひとつだけ、例をあげておきます。

 

    You could face criminal prosecution for possessing prescription drugs without a prescription. "What Could really Happen?" Substance Abuse and Mental Health Services Administration,U.S. Department of Health and Human Services

処方箋なしに処方薬を所持していると刑事訴追されるおそれがあります。

 

 で、この言い方を使うと、「刑事訴追のおそれがあります」は

 

 

   I could face criminal prosecution.

 

 

 となります。

 

 「回答を控えます」は、

 

 

I refrain from answering questions.

 

 

もっと日常語的な英語では、I’m not going to answer your questions.です。

 

が、少し法律的な表現もできます。

 

 アメリカの裁判関係の文書によくでてくる言い方に claim one’s Fifth amendment right not to answer questions (憲法修正第5条の質問に答えなくてもいい権利を主張する)というのがあります。動詞はclaimの他にassert(主張する)や(権利を)「行使する」という意味のinvokeやexerciseも使います。

 

例を二つあげておきます。

 

 

 

    In September 2009, in bankruptcy court, Baron asserted his Fifth Amendment right not to answer questions that might reveal he was violating the June preliminary injunction.("NETSPHERE, INC., ET AL, Plaintiffs v. JEFFREY BARON, Defendant - Appellant" In the United State Court of Appeals For the Fifth Circuit 12/18/2012)

  2009年9月、破産裁判所においてバロンは、6月の予備的差し止め命令に違反していることを明らかにする可能性のある質問には答えなくてもいい憲法修正第5条を主張した。

 

 

   A defendant can claim a Fifth Amendment right not to answer questions in a psychiatric evaluation. (F. CLINTON BRODEN, "FIFTH AMENDMENT RIGHT AGAINST SELF-INCRIMINATION," August 2007)

  被告は精神鑑定的な質問に答えなくてもいい憲法修正第五条を主張することができます。

 

 

 この言い方を参考にして、「法律に基づいて回答を控えます」を英語発想的に言うなら

 

 

 

   I would like to exercise my legal right not to answer questions.

 

 

 

となります。

 

「刑事訴追のおそれがあるため、回答は控えます」ならこれらを組み合わせ、

 

 

I would like to refrain from answering questions because I could face criminal prosecution.

 

 

I would like to exercise my legal right not to answer questions because I could face criminal prosecution.

 

 

ということになります。

 

ちなみに、憲法修正第五条は黙秘権を定めたもので、

 

「何人も刑事事件において、自己に不利な供述を強制されない」(“No person ... shall be compelled in any criminal case to be a witness against himself ....” U.S. Constitution Amendment V)

 

と書かれています。一般的に、修正第五条の権利を使うときは、自分の行った行為は法律違反の可能性が高いと本人が認識しているときです。

 

最後に、佐川宣寿・前理財局長の国会証人喚問での証言拒否答弁をどのように内外の英語メディアが報じているのかを紹介しておきます。

 

まずはアメリカのAP通信の記事で、ワシントンポストやABC放送のウェブサイトに掲載されていました。筆者はMari Yamaguchi記者。

 

 

Nobuhisa Sagawa, who previously headed a Finance Ministry department in charge of state property deals, apologized in parliamentary testimony over the document tampering, but repeatedly refused to answer lawmakers’ questions about whether he was aware of the changes or who ordered them and why, citing the possibility of facing criminal charges. (AP 3/27/2018)

以前は国有財産取引を担当していた財務省の部署を率いた佐川宣寿氏は、文書改ざんに対する議会証言で謝罪した。しかし、刑事責任に直面する可能性を挙げて、彼が変更を認識しているかどうか、また誰が改ざんを命令したのか、なぜなのかについて議員の質問に答えることを拒否した。

 

 

次にイギリスノロイター通信の記事で、筆者はKiyoshi Takenaka, Kaori Kaneko 記者。

 

 

 

  Sagawa declined to comment on motives for altering the documents because he is a subject of investigations into the matter. (Reuters 3/27/2018)

  佐川氏は、事件の捜査の対象であるため、文書の変更動機についてコメントすることを拒否した

 

 

  次はフランスのAFP通信の英語版。無署名記事。

 

 

 

   However, the official declined to answer detailed questioning about how and when documents were altered, saying he was under criminal investigation.(AFP 3/27/2018)

  しかし、この官僚は、自分が刑事捜査下にあると述べ、文書がいつ、どのように変更されたかについての詳細な質問に答えることを拒否した。

 

 

イギリスの経済紙Financial TimesのRobin Harding記者 は

 

“There is a risk of criminal charges so I decline to comment.(Financial Times 3/27/2018)

刑事訴追のリスクがありますので、コメントを控えます。

 

 

 

と翻訳しています。次は日本の英字メディアのJapan TimesのTomohiro Osaki 記者の記事から。

 

 

 

    “I’d like to refrain from answering because of fear of criminal prosecution,” he said several times during separate sessions in both chambers of the Diet. (Japan Times 3/27/2018)

刑事訴追の恐れから答弁を控えたい」と彼は両議院の別々の会合で数回述べた。

 

 

 

 

 次は毎日新聞の英語版の無署名記事。

 

 

 

    "I may be subject to criminal prosecution, so I will refrain from answering," repeated former National Tax Agency chief Nobuhisa Sagawa over and over in response to questioning under oath by the House of Councillors' Budget Committee on the morning of March 27.(The Mainichi 3/27/2018)

3月27日の朝、参議院予算委員会での宣誓証言で、佐川宣寿元国税庁長は、「刑事訴追の対象となる可能性があるので、回答を控える」と述べた。

 

 

 

  次は時事通信の記事で読売新聞のJapan News に掲載されていたものです。記者の名前はありませんでした。

 

 

But Sagawa refused to speak about who instructed the tampering and the motives behind the conduct, claiming that doing so may lead him to face criminal prosecution. (Jiji/Japan News 3/27/2018)

しかし、佐川氏は、刑事訴追を受けるおそれがあると主張し、改ざんを指示した人物や、その行為の背後にある動機について話すことを拒否した。

 

 

最後に朝日新聞の英語版で、筆者はHISASHI ISHIMATSU記者。

 

 

 

Sagawa repeatedly said in the morning session of the Upper House Budget Committee that he could not go into detail about the falsifications because he might incriminate himself in an investigation by prosecutors. (Asashi Shimbun 3/27/2018)

佐川氏は午前の参院予算委員会で、検察の捜査で自らを罪におとしいれる可能性があるため、改ざんについて詳しくは触れられないと繰り返し述べた。

 

 

 

(引野剛司 甲南女子大学教授 3/28/2018)

 

ここで紹介している表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

ページトップに戻る