時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「もう少し、調べてみます」「ちょっと、調べてみます」 英語では

2018年06月15日

 

ビジネスシチュエーションでも、日々の暮らしのなかでも、「もう少し、調べてみます」「ちょっと、調べてみます」と、カジュアルに言う言葉があります。

 

 

 

 

I’ll do some more research.(もう少し、調べてみます)

 

I’ll do more research. (もう少し、調べてみます)

 

I’ll do some research.(ちょっと、調べてみます)

 

I’ll do a little research. (ちょっと、調べてみます)

 

 

 

です。誰もが使う、日常語で、決まり文句と言えます。

 

Researchとは「研究」で、学者や専門家がやることだという語感が、われわれにはあります。この認識は中学英語で擦りこまれているはずです。で、I do researchなら、「研究をします」「リサーチをします」と理解してしまいます。

 

しかし、英語のresearchは、学術研究からちょっとした調べものものまでカバーする範囲は広範で、日々の暮らしの中で、ちょっと「調べてみる」もdo researchなのです。

 

ツイッターのメッセージを見れば、「もうちょっと調べてみる」という感じで気軽に使われている例がたくさん出てきます。いくつか紹介します。

 

 

最初の例は、自分が発信したお願いのツイートに返信してくれたことへのお礼のメッセージです。

 

 

Much appreciated! Thank you! I'll do some more research.

( David xxx‏ @xxx June 12)

感謝いっぱい。ありがとうございます。もうちょっと調べてみます

 

 

最初にこの人が発信したツイートは、

Good first date places near O'Connell street for drinks??

David xxx‏ @xxx June 12)

初デートで、オコーネル通り近くで飲みにいけるいいところありますか。

 

 

 

でした。これに、オススメ場所の情報が返って来たので、相手に感謝し、自分でも「もう少し調べてみます」と答えています。

 

 

次のツイートは、アイスランドがアメリカから爆撃を受けない国かを調べてみるという奇妙なツイートです。

 

 

 

I was going to move to New Zealand to attempt to live some place that the US would not bomb. I was informed I was wrong. It looks like Iceland may be the only safe place. I'll do more research.

Angxxx@xxx June 1 )

アメリカが爆撃しないところに住もう思い、ニュージーランドに引っ越しするつもりでした。それは違っていると言われました。アイスランドが唯一の安全なところのようなので、もうちょっと調べてみます

 

 

 

次は、資料をもう少し調べてみます、と言うのに使われています。

Yeahhhh! I'll do some research this morning for some more readings on that!

ambxxx @xxx June 12)

そうでーす。それについて書かれたもの、今朝、ちょっと調べてみます

 

 

 

 

企業や団体で、問い合わせに対して、もう少し調べてから連絡しますなどというときにもresearchはしばしば使われています。

 

次は、アメリカの陸軍州兵(Army National Guard)のリクルート担当者の問い合わせに対する返事です。

 

 

 

Based on this, I would do some more research and find a recruiter that will work with you.

("Epilepsy," FORUMS, Army National Guard 2014)

これにもとづいて、もう少し調べ、あなたを担当する採用係をみつけます。

 

 

 

もう一つ「調べてみる」と言うときに使われる言葉があります。look upです。やはり、ツイッターのメッセージから紹介します。最初は、「~の情報調べてみます」というのに使われている例です。

 

 

 

Yeah, I'll look up some info on how to do it safely.

(Juxxx @xxxx June 14)

どうすれば、それが安全にやれるかの情報を少し調べてみます。

 

 

 

 

次は3人が都合のいい時間を調整するために、3人の「予定を調べてみます」というシチュエーションでの言葉です。

 

 

 

I'll look up the schedules for Sean Hannity, Dennis Rodman, and China, to see if this timing works for all three.

Quexxx @xxx June 10)

ショーン・ハニーティとデニス・ロッドマン、チイナの予定を見て、このタイミングが3人全員の予定にあうかどうかを調べてみます。

 

 

 

 

ネットで調べてみます、というときにも

 

 

 

I look up on line.

 

I look up … on line.

 

 

 

は定番表現です。以下は「この環境監視組織のことをネットで調べる」で look up … on lineを使っている例です。

 

 

 

When he got home, he saw an article in a newspaper about the Alaska Wilderness League, looked up the environmental watchdog organization online, and found out about an upcoming conference at the headquarters in Washington, D.C.

(Dave Zuchowsk, "PERIPATETIC TRAVELER PUTS PEN TO EXPERIENCES," Pittsburgh Post-Gazette 8/12/2007)

自宅に戻り、彼はアラスカ荒野連盟についての新聞記事を見て、この環境監視組織をネットで調べ、ワシントンDCの本部での今度の会議について見つけた。

 

 

 

というわけで、「調べてみる」と言いたい時は、do researchかlook upを使えばよいということになります。ただresearchについては、この言葉のカバーする範囲は、日本語の「研究」「リサーチ」よりもずっと広いということを頭に叩き込んでおかないと、われわれ日本語話者には使いづらいかもしれません。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 6/15/2018)

 

 

ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

ページトップに戻る