時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる」を英語で言う

2018年06月22日

 

 

民法が改正され、2022年4月1日から日本の成人年齢が18になります。

 

英語で「成人年齢を引き下げる」は

 

 

 

lower the age of adulthood

 

 

 

がごく標準的な言い方です。今回の民法改正を伝える内外の英字メディアもほとんどがこの表現を使っています。

 

「成人年齢」「金利」「公定歩合」「制限速度」など数値を「引き下げる」と言うときの決まった動詞がlower (低くする)です。

 

一方、「成人年齢」をいう英語は少なくとも4つあります。

 

 

the age of adulthood

adult age                  

the legal age of adulthood 

the age of majority        

 

 

 

どれでも使うことはできますが、アメリカの公的文書のデータベースを見てみると、the age of adulthood、the legal age of adulthood、the age of majorityの三つが目立ちました。

 

The age of majorityは直訳すると「大多数の年齢」で、法律上の「成人年齢」という場合に使われていますが、日本語発想にはない言い方です。the legal age of adulthoodと同じです。

 

 

ツイッターの個人のメッセージではadult ageがよく使われているという印象です。これはくだけた口語的な言い方のように見えますが、調べてみると学術論文にも使われていました。

 

ということで、「成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる」を言うには、

 

 

 

The age of adulthood will be lowered to 18 from 20.

 

 

 

引き下げは2022年4月1日からですから、この情報を入れると、

 

 

 

The age of adulthood will be lowered to 18, starting on April 1, 2022.

 

 

 

となります。

 

成人年齢の引き下げは民法が改正されたためですから、この情報も加えて、「民法改正」を主語にして表現するなら、

 

 

 

 

 

The revision to the civil code has lowered the age of adulthood to 18 from 20.

 

 

 

 

 

民法の改正が国会で承認されたのは6月13日で、この状態が継続されるわけですから、ここでは現在完了形を使います。

 

「民法改正」はrevision to the civil codeとしましたが, civil code amendmentやamendment to the civil codeも使うことができます。いずれを使っても、少し硬い感じの表現です。

 

ここでも、法改正の施行日情報を追加すると、

 

 

 

The revision to the civil code lowered the age of adulthood to 18 from 20, effective on April 1, 2022.

 

 

 

となります。effectiveは法律などの発効日を表現するときに決まって使われる言葉です。

 

今回の改正では、成人年齢が20歳になっても、飲酒や喫煙、公営ギャンブルの解禁年齢は20歳のままです。これを言うなら

 

 

 

The legal age for drinking, smoking and gambling remain unchanged at 20.

 

 

 

 

ご参考までにアメリカのCNNがこのニュースを流しています、ご関心があればご覧ください。

https://edition.cnn.com/videos/world/2018/06/14/japan-age-adulthood.cnn

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 6/22/2018)

 

 

ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

ページトップに戻る