時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「日本では推計283万人がギャンブル依存症だ」を英語で言う

2018年07月21日

 

 

 

厚生労働省はギャンブル依存症の実態調査を2013年度、 2016年度に行っており、その結果を発表しています。2016年度の調査にもとづくと、日本では推計で283万人がギャンブル依存症と疑われています。

 

「ギャンブル依存症」は英語では、

 

 

 

a gambling addiction

 

an addiction to gambling

 

gambling dependency (dependancy)

 

compulsive gambling

 

 

 

などがよく使われています。

 

addictionは薬物などへの「依存」「中毒」をいう言葉では、もっともよく見聞きします。「アルコール依存症」ならalcohol addiction、「薬物依存症」はdrug addictionと同じようにaddictionを使って表現します。

 

Dependency(dependancy)も、アルコールや薬物、ギャンブルにかなりはまっている状態をいうときの言葉で、ランダムハウス英語辞典には「addiction より軽い」状態と説明されています。Compulsive gamblingは「強迫性賭博」と訳されています。

 

これらを使って「2016年の政府調査によれば、日本では推計283万人がギャンブル依存症だ」を英語にすると

 

 

 

An estimated 2.83 million people had a gambling addiction in Japan, according to a 2016 government survey.

 

 

An estimated 2.83 million people suffered from gambling dependency in Japan, according to a 2016 government survey.

 

 

となります。動詞はhaveかsuffer fromを使います。ともに病気にかかっているときに使うごく一般的な動詞です。

 

 

「~の依存症」をいう別の言い方もあります。Be addicted to …です。これで表現すると、

 

 

 

An estimated 2.83 million people were addicted to gambling in Japan, according to a 2016 government survey.

 

 

 

調査をしたのは厚生労働省ですから、a 2016 government survey の部分を少し長くなりますが a 2016 survey conducted by the Ministry of Health, Labour and Welfareとするのもいいでしょう。

 

ちなみに、日本ではパチンコがもっとも人気のあるギャンブルであることが、この調査でも示されています。これを英語でいうと、

 

 

Pachinko pinball game is the most popular gambling game in Japan, the survey indicates.

 

 

 

賛否両論でヒートアップしていたいわゆるカジノ実施法が成立し、最大で3カ所でカジノの設置が可能になりました。さっそく北海道、大阪、和歌山、長崎が誘致の名乗りを上げていると報道されています。

 

カジノ解禁で、ギャンブル依存症の人が増えるのではという懸念もあります。政府は、カジノで外国人観光客を増やし、日本経済の活性化をはかろうとしています。庶民のカジノの利用のハードルを高くし、ギャンブル依存症の対策の一つとしているようです。カジノのある統合リゾート地の設置は、ほんとうに政府の思惑どおりになるのでしょうか。

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 7/21/2018)

 

 

ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

ページトップに戻る