時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「夏の疲れが出ています」を英語で言う

2018年09月09日

 

秋口になると、なんとなく体がだるい感じがします。今は、夏の疲れがでてくる時期かもしれません。

 

英語にもsummer fatigueという言葉があります。体調を表現するときの基本的な動詞haveやget、feelと組み合わせて、

 

 

 

 

I have summer fatigue.

 

 

I get summer fatigue.

 

 

I feet summer fatigue.

 

 

 

と表現します。「夏の疲れがでています」にあたります。

 

 

しかし、考えてみると、この表現はわれわれの言う「夏バテだ」にもあたります。強い日照りなどによる真夏の時期の疲れもsummer fatigueと表現されています。

 

 

夏の終わりから秋口にかけての疲れを特定した言い方が英語にもあります。late-summer fatigueとかpost-summer fatigue、fatigue at the end of summerです。

 

 

私たちが「夏の疲れが出ている」という言葉を使うのは、夏から秋への季節の変わり目ですから、

 

 

 

I have late-summer fatigue.

 

 

I get post-summer fatigue.

 

 

I’m feeling post-summer fatigue.

 

 

 

と表現する方が、9月初旬の疲労感を伝えるには適切でしょう。

 

「体がだるく、いつも疲労感があります。夏の疲れがでているのかもしれない」と言うならこれを使って、

 

 

I feel sluggish and tired all the time. I may have post-summer fatigue.

 

 

 

あたりです。sluggishは「ものぐさな」「怠惰な」「動きがのろい」(ランダムハウス英語辞典)でslug(ナメクジ)に由来する語です。

 

英米の新聞・雑誌記事でも英語圏の人々が発信するツイッターでも、summer fatigueだけではなく、late-summer fatigue、post-summer fatigueを見かけます。新聞・雑誌では、野球のメジャーリーグ選手のコンディションをいうのにlate-summer fatigueがしばしば使われています。

 

 

ツイッターや新聞記事に使われていたlate-summer fatigue、post-summer fatigueを紹介しておきます。

 

 

 

I think everyone is feeling late summer fatigue. Don't push or beat yourself up about delays.

(Timefoxrox@Phoenixmoona Twitter 8/24/2018)

皆が夏の疲れを感じていると思います。遅れているからといって、無理をしないでください。

 

 

 

Is that post-Summer fatigue hitting you? If so, read wellness tips & tricks from our friends at Grace Belgravia.

(Eyedea‏ @eyedeafmn, London Twitter 9/5/2015)

それ夏の疲れ? もしそうなら、グラセ・ブラビアの私たちの友人が書いた健康のヒントと秘訣を読んでみては。

 

 

I think my late summer fatigue is showing.

(Matt Simmons‏ @MattSSimmons,Fort Myers, Florida Twitter 8/22/2016)

夏の疲れが顔に出ていると思います。

 

 

Hiroki Kuroda already had dismissed the notion that late summer fatigue had played a factor in his last couple of clunkers.

(Pet Caldera,“KURODA STUMBLES AGAIN,” The Record, Bergen County, New Jersey 8/29/2013)

黒田博樹(投手)は、夏の疲れがこのところのいくつかの失投の要因となったという考えをすでに否定している。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 9/9/2018)

 

 

ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

ページトップに戻る