時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「なおみフィーバーが日本で広がっている」を英語で言う

2018年09月20日

 

 

「なおみフィーバー」という言葉をテレビなどでよく見聞きするようになりました。テニスの大坂なおみ選手への熱狂的な関心が全国に広がっています。

 

「ナオミフィーバー」はそのまま英語でNaomi FeverあるいはNaomi feverと訳すことができます。

 

かって、Obama fever (オバマ・フィーバー)という言葉もありました。サッカー選手のCristiano Ronaldo fever(クリスティアーノ・ロナウド・フィーバー)もありました。World Cup fever(ワールドカップ・フィーバー)も使われています。特定の人物やイベントなどへの関心が熱狂的、急激に高まるとfeverと表現されます。

 

英語のfeverが「フィーバー」として日本語化し、日本の言語文化のもとで独り歩きしているのではなく、feverも日本語とほぼ同じ意味で使われるのです。Oxford Living Dictionaryには

 

 

The excitement felt by a group of people about a particular public event.

特定の公開イベントへの人々の集団が感じる興奮

 

 

 

と定義されています。

 

日本語では「~フィーバーが広がっている」とか「~フィーバーが高まっている」などと言う時に、英語ではgripという動詞を使います。

 

「グリップ」と日本語にもなっているgripですが、動詞では「物や人をしっかりつかむ」「人や心、関心、注意などをとらえて離さない」(ランダムハウス英語辞典)などの意味があります。

 

こんな風に使われています。

 

 

Barack Obama fever grips Kenya.

 (Sebastien Berger,"Barack Obama fever grips Kenya," The Telegraph, London 11/4/2008)

バラク・オバマ・フィーバーがケニアをしっかり握っている/バラク・オバマ・フィーバーがケニアで広がっている

 

 

World Cup fever is gripping the UK.

(Dnchan Lindsay METRO.co.uk,Associated Newspapers Limited, 6/15/2018)

ワールドカップ・フィーバーがイギリスをしっかりと掴んでいる/ワールドカップ・フィーバーがイギリスで高まっている。

 

 

 

 

 

「なおみフィーバーが日本で広がっている」を英語で言うには、これらの表現方法をそのままあてはめることができます。

 

 

 

Naomi fever is gripping Japan.

 

Naomi Osaka fever is gripping Japan.

 

 

 

大坂選手の知名度は、今や抜群で、USオープンでドラマチックな優勝を果たして以来、世界で急上昇しているはずです。だからNaomi Osaka feverで、十分に理解されますが,次のように大坂選手の簡単な説明を加えておくのもいいかもしれません。

 

 

 

U.S. Open Tennis champion Naomi Osaka fever is gripping Japan.

 

 

 

大坂選手が使っていた市販のラケットは品切れ状態で、大坂選手のテニスウェアーやシューズ、大好きなカツどん、カツカレー、抹茶アイスなどが飛ぶように売れていると報道されています。

 

ついでに、これも英語で言っておくと、「なおみフィーバー」の具体的な現象が理解されます。

 

 

 

The tennis racket model used by Osaka, available at sports stores, is now out of stock.

 

Tennis gears she wore in the games, her favorite katsudon or deep-fried pork cutlet , katsu kare or pork cutlet and curry, and matcha ice cream are selling like hot cakes, according to news reports.

 

 

「市販の」はavailable at stores (店で購入できる)、「品切れ」はbe out of stock、「テニスウェアーやシューズ」はひとまとめにしてtennis gears、「カツどん」「カツカレー」はローマ字表記して、説明をつけています。「抹茶アイスクリーム」は海外でも人気になっており、matcha ice creamと日本語がそのままで使われています。「飛ぶように売れる」は、sell like hot cakes(ホットケーキのように売れる)というちょとおもしろい言い方があります。

 

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 9/20/2018)

 

 

ここで紹介した表現は、おもに米国での複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

ページトップに戻る