時事語、話題語、ビジネス・暮らしのことば、日常語に対応する今アメリカなどで使われている英語がみつかります

  • 最新現代用語和英辞典とは
  • 頭文字からさがす

英語で一言

今使われている言葉で一覧

「口内炎ができた」を英語で言う

2019年02月21日

 

 

「口内炎」はmouth soreあるいはsore in one’s mouthと言います。フツーの人も、医師など専門家も日常使う言葉です。

 

ツイッターにはmouth soreができたとのメッセージがたくさん発信されていますし、アメリカの医療研究の総本山でNIHとして世界に知られている国立衛生研究所(National Institutes of Health)のウェブサイトでも使われています。

 

そもそもsoreは、「痛いところ」と言う意味で、「できもの、腫物(swelling)」もsoreと表現します。「口のなかの痛いところ」「口のなかのできもの」が英語の「口内炎」の言い方ということになります。

 

で、「口内炎ができた」は、非常に簡単です。

 

 

 

I have a mouth sore.

 

 

 

病気に「かかる」のもっとも簡単な動詞がhaveです。「頭痛がする」ならI have a headache,「胃が痛い」ならI have a stomachache.というのと同じように「口内炎」でもhaveを使います。

 

「ひどい口内炎」はbad mouth soreで、「ここ数日、かなり口内炎がひどくて、痛い」なら

 

 

 

I have had a pretty bad mouth sore for the past couple days. It is painful.

 

 

 

口内炎は舌や唇、頬の内側などにできるのは多くの人が経験しているところでしょう。で、「口内炎が舌にできた」をなら、

 

 

 

I have a mouth sore on my tongue.

 

 

 

「頬の内側にひどい口内炎できた」なら

 

 

 

I have a bad mouth sore inside my cheek.

 

 

です。

 

ほかにも「口内炎」は、mouth ulcer(口腔内潰瘍)やcanker sore(口内びらん)などとも言いますが、これらは病理学の用語です。とはいえ、フツーの人も使うようです。

 

 

先日、タレントの堀ちえみさんが、口内炎だと思っていたものが舌がんだったと、公表し、テレビのワイドショーなどで一斉に報道されました。これで、口内炎はがんの場合もあるというのが世間に広まったようです。

 

 

で、海外に滞在していて、口内炎ができて、お医者さんに「この口内炎、大丈夫ですか」などと英語で言うには、

 

 

 

Should I worry about the sore in my mouth?

 

 

 

がいいでしょう。堀さんはステージ4の舌がんと闘う強い決意を示されています。回復を願うばかりです。

 

 

(引野剛司・甲南女子大学名誉教授 2/21/2019)

 

 

ここで紹介した表現は、おもに米国の複数の実用例に基づいています。その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典(本体)(www.waeijisho.net)をご覧ください。

 

 

 

ページトップに戻る